美味しいお米ができるまで【種まき編】

種まき

春風が心地よい4月下旬。

1週間時期をずらし、2日間にわたってお米の種まきをします。

美味しいお米を作るには、厳選された種もみを使用。

小分けした種もみは、稲の様々な病気から守るため、消毒をした後、数日間、たっぷりの水につけ、発芽させます。

そして、下の画像のような機械を使って、流れ作業で行っています。

①苗箱をセット
②土が半分ほど入れる
③液体の肥料+水で土を濡らす
④種を重ならないよう、満遍なく撒く
⑤上から薄く土をかける


そして、その日のうちに平らな場所へ並べていきます。

この作業がなかなかの重労働なんです。。。

息子や息子のお友達にもお手伝いしてもらいました。


田植えまで、朝夕の水やりを行います。

静岡県富士市の、やまたか農場です。こだわり農場主のこだわりのお米・お茶・各種野菜を販売しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です